« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

みずがき山とUFO?

ちょうど一ヶ月前、山梨県のみずがき山自然公園に行きました。

Photo みずがき山は日本百名山の一つにも選ばれ、弘法大師が修行した山としても知られています。

のこぎりの刃のようなギザギザした山並みが特徴の風光明媚な山岳で、友人の話によると水晶の山だとか。

このみずがき山の麓にある「みずがき山自然公園」は広々として、とても気持ちの良い場所でした。

ここで世界192カ国の国旗を掲げ平和を祈るWPPC(ワールドピースプレイヤーセレモニー)が開催されたので参加してきました。

みずがき山の見事な紅葉写真を撮りに来ている方たちも多く、声をかけたら一緒に参加して下さってハートフルなひとときでした。

行事終了後、みんなでお弁当を広げピクニックみたいで楽しかったなぁ。

レクレーションは縄跳び!

大きな輪の中に5人入って5回連続で飛べたらクリア。

「ひとり一回は飛ぼう」と言われ、足が痛いのも忘れて飛びましたよ(笑)。

でも2回飛んだら尻餅をついちゃってアウト!あ~残念!

大縄跳びをしたのなんて何十年ぶりだろうなぁ。

縄跳びでいい大人たちが大笑いしている姿がなんとも無邪気でいい。

引き上げるときに空を写したら、こんな写真が撮れていました。

Photo_2 レンズの反射かな。もしかしてUFO?

なんでもいいね。こんなきれいな光が写ったんだもの。

楽しかったなぁ。私の秋の素敵な一日でした。

2012年11月18日 (日)

たくさんの愛の言葉をありがとう

ウサギのロップ君が逝って今日で一週間。

110510_220401

たくさんの慰めの言葉を頂きました。

「みっちゃんとはるちゃんの子で幸せだったね」

「動物さんは飼い主さんの笑顔が好きだから笑顔を見せてあげてね」

「感謝祭の日に逝くなんてさすが!」

「天国で天使の羽をつけて、愛してくれてありがとうって言ってるよ」

「祈りの中で育って暮した子だものね。天国でこれから動物さんたちのために働くね」

などなど。

特に昨年、愛猫を亡くした友人は気持ちを共有してくれて、本当に慰められました。

どれだけの愛のある言葉に慰められ、癒されたことでしょう。

お花も手向けていただき、本当にありがとうございました。

ロップも喜んでいると思います。

さて、主人がインターネットでペットの葬儀を調べたら、24時間体制で受け付けている所があって、選択肢も多く料金も折り合いがつくのでお願いすることにしました。

ロップは合同火葬で骨の引き取りは無しで、お寺に埋葬していただくタイプを選びました。

Photo_2 

次の日に送り出せるのかと思ったら、申し込みが多く込んでいるため火曜日に火葬することに。

そのため丸一日ロップをお家に安置して、そのお蔭で充分お別れの時間が出来たので良かったです。

火曜日、喪服を着たスタッフの方が自宅までロップの亡骸を取りに来てくれました。

火葬から納骨、法要までの流れを丁寧に説明してくださり、ロップを大切に扱ってくれました。

この道7年という担当の方は、人間のお葬式の送り人のようでしたよ。

キャリー風のお棺に入れるとき、お花と大好きなクッキーも添えました。

合同火葬なので、ロップのお腹に霊光写真をテープで止めたのですが、

主人が「お守り(霊光写真)がもし外れたら、この子のですからよろしくお願いします」と言ってくれて……。思わずまた涙が出てしまいました。

ロップを送り出したら、翌日の集会のための準備です。

主人とあわただしく買物や掃除や料理などしながら、祈りの場を整えていきました。

その後も母の通院や個人レッスン、カウンセリングなどの仕事など入っていたので、あっという間に一週間が過ぎていました。

忙しくしているほうが気が紛れてよいのですが、時計を見ては、つい、薬の時間だなとかエサをあげなきゃなどと思って、「あぁ、もういないんだったな」と……。

いつまでも悲しみに浸っていてもロップが喜ぶはずはないしね。

時間がお薬になってくれるのでしょう。

7月の下旬に書いてから更新していなかったので、9月くらいから「どうしたの~、何かあったの?」と心配するメールを貰っていました。

9月で引越しして半年になっていましたが、新しい生活のリズムにも慣れて、ちょっと疲れが出ちゃっていたんですね。

くわえてロップの具合も悪くなっていったので、気持ちの余裕がなく……。

夏も秋も、考えさせられたことや楽しかったことなどもたくさんありました。

少しずつですが書いて行けると思いますので、また遊びに来てくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。

Photo_3

私たち家族へたくさんの愛の想いを贈ってくださり、本当にありがとうございました。

2012年11月12日 (月)

ロップが天に還りました

昨晩、わが家の大事な家族、やんちゃウサギのロップが天に還りました。

(ウサギだから月へ還る、かなぁ)

眠るように安らかに旅立ちました。

ロップを愛してくださった皆さん、ありがとうございました。

090312_203701

5歳6ヶ月。

4年半病気とつきあいながら生きてきました。

お世話になった院長先生からも、死ぬ2日前の診察で「治らない病気ばかりたくさん抱えて生きてきたね。治してあげられなくてごめんね。ロップ、よく頑張ったね。」と……。

ウサギ専門の院長先生にはロップの余命が分かっていたのですね。

夏から体調は良くなかったのですが、今月に入り容態が悪化。

どんどん体重が落ちていき、食欲も低下。

最後の3日間はモルヒネを投与したので痛みからは解放されて、

ようやく体を伸ばして寝ることができていました。

赤ちゃんと同じように抱いてシリンダーで流動食を与えていたのですが、

その餌も食べなくなりました。

寝ている顔の前に「お水をどうぞ」と言って置くと、たくさん飲んでいました。

ただ、死ぬ4時間くらい前からは水も飲まなくなり、体から魂が離れているような感じでした。

天に還る準備を始めたのでしょう。生きる気力がないのです……。

Photo

夜11時半。

隣の部屋で主人とお互いに携帯で取ったロップの写真を見せ合っていた5~10分の間に息絶えていました。

私たちがそばにいたら、呼び止めるような言葉をかけていたことでしょう。

上手に天国に旅立ったねぇ、ロップ君。

親のそばへ引越しをして半年。

親の介護にロップの介護も加わり、かなり疲れてはいましたが、それでもロップに癒されていました。

動物は無条件の愛を与えてくれますね。

そして私たちも無条件で小さな命を愛する心を持てて本当に幸せです。

ロップは小さい頃から、恩師・エディさんから毎月1回、たくさん癒しの光を入れていただいていました。

よくアゴをさすってくださり、私は「ネコじゃないんだけどなぁ。ウサギは頭をなでられるのが好きなんですよ」と笑って言っていたのですが、エディさんにはロップの発症前の病気が分かっていたのですね。

死ぬ1週間くらい前から、調子が良いとエディさんの遺影まで行って、写真の前で寝たり顔をすり寄せたりしていました。

きっと死んだ時はエディさんが迎えに来てくれたのではないかなと思います。

Photo_3

ロップには「ありがとうとゴメンネ」の気持ちでいっぱいです。

明日は火葬に送り出します。

さきほど友人が、「動物さんは飼い主の笑顔が好きだから、笑顔でバイバイしてね」と教えてくれました。

だから悲しいけど笑顔でバイバイしたいと思います。

可愛がってくれた友人やブログでロップを書いたブログを楽しみにしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

法友のみんな、祈ってくれてありがとう。

毎週、気功治療をしてくださった玉城さん、ありがとうございました。

貴重なお水や酵母を分けてくれたロクちゃんと島さん、ありがとうございました。

Photo_2

充隆さん、夜勤明けで疲れて眠いのに、ロップを病院へ連れて行ってくれてありがとう。

ロップ、君と過ごした5年3ヶ月は本当に楽しい生活だったよ。

いつの日か天で会おうね。ありがとう。またね。

久し振りのブログなのに悲しいニュースでゴメンなさい。

また元気で楽しい出来事を書きますね。

« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »